『就活下克上』三流大学にいながら一流企業の内定を獲得する学生たち

  • 2014-03
  • 社会・ニュース
  • コメント:91
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2014/03/04(火) 13:58:36.10 ID:???
    2013年春の大卒者就職率は約67%。3人に1人が未就職のこの時代に、いわゆる三流大学にいながら、一流企業の内定を獲得する学生がいる。

    『就活下剋上』では、そんな彼らの就活の実例を数多く紹介。学校名に頼らず“勝ち組”になるための秘訣とは? 著者の山内太地氏に聞いた。

    ―“三流大学”に通う学生たちの就活の現状は?

    「アベノミクス効果で採用市場は一時的に活況を呈していますが、大企業ほど特定の高偏差値大学の学生を獲得するためのセミナーを開催するなど“ターゲット校”を絞る傾向にあります。早慶上智、MARCH(明治、青山、立教、中央、法政)以下の大学では就職しにくい状況が強まっていますね。決して表には出ませんが、卒業生の4割、5割が未就職という大学も少なくありません

    ―近頃は学生の質が低下している点も問題視されています。

    「私はこれまでの取材で国内の4年制大学786校すべてを訪問しましたが、学生の質の低下は中堅大学、下位大学ほど顕著といえます。自宅と大学を往復するだけの“引きこもり学生”、就活が始まるまで地元から出ない“ローカル学生”、大人と話すのが苦手で『就職課に行くのが怖い』といった“対人恐怖症の学生”が増えているように見受けられますね」

    一方で、同じ三流大学にいながら“下剋上”をなし得た就活生がいます。両者の差はどこに?

    「『どうせ自分は○○大学だから』というコンプレックスがなく、行動派である点が違います。OB・OG訪問やインターンシップで学生時代に企業の中の人と積極的につながろうとしますし、自分を卑下することなく上位校の学生にも前のめりでガンガン友達になろうとします」

    ―取材されたなかで最も印象的だったのはどんな就活生?

    国士舘大学から資生堂に入った竹岡君でしょうか。就活に向けて、彼は志望する化粧品メーカーの商品を実際に使い、20代から50代の男女150人に10項目のアンケート調査を行ないました。どんな化粧品をどの年代の人が使っているのかを徹底的に調べ、業界研究の材料にしたわけです。

    もちろん、この話は面接官の心に響く自己PRのネタとなり、結果的に資生堂を含む化粧品メーカー2社から内定を得ました。ちなみに、その行動力が評価されてか、“前座”で受けまくった住宅メーカー4社からも内定を得ています」(※続く)

    http://yukan-news.ameba.jp/20140304-20/

    続きを見る

    欧米「韓国のロボットは二足歩行して踊るんだ!」「トップクラスの教育水準!すごい!」

    • 2014-03
    • 社会・ニュース
    • コメント:68
      • このエントリーをはてなブックマークに追加
      ★なんと日本は1位!世界の人が選ぶ「最も賢い国」ベスト10発表
      2014年03月03日 12時30分 提供:It Mama

      世界でどの国が最も賢い国なのでしょうか? 
      英語圏のランキングサイト『OMG Top Lists』から”世界の賢い国”トップ10をご紹介します。

      ■10位:ルクセンブルク、スイス
      ■9位:イスラエル
      ■8位:カナダ
      ■7位:イギリス
      ■6位:フィンランド
      ■5位:シンガポール
      ■4位:ドイツ
      ■3位:アメリカ
      2位:韓国
      韓国の教育水準も、トップレベルです。
      そして近年では、ロボット産業が著しく成長しています。韓国の人型ロボット『HUBO』は二足歩行し、ダンスを踊ることで有名です。音声認識機能も素晴らしく、ロボット開発の教科書になる日も近いかもしれません。

      ■1位:日本
      なんと賢い国1位は日本! 私達は日本にいるので気付かないかもしれませんが、
      世界的に見ても教育水準が高く、優秀な人が集まっている国なのです。

      また、日本の宇宙探査機は非常に賢いと評価されています。日本初の金星探査機『あかつき』は2015年末に
      また金星周回軌道投入されると発表されており、世界中の注目が集まっています。 (抜粋)

      http://news.ameba.jp/20140303-291/


      続きを見る

      中国人専門家による日本分析!「プライドが高く」「感謝を知らない」「盗人猛々しい人種」

      • 2014-03
      • 社会・ニュース
      • コメント:129
        • このエントリーをはてなブックマークに追加
        中国人言語学者の石毓智氏がこのほど、日本人の特質について分析する文章を公開した。海外網が27日伝えた内容は、以下のようなものだ。

        最近、有名人が文章で日本を褒め、
        「日本は中国のお手本だ」と言っているが、私はそうは思わない。 日本人は職人気質でチームワークもあり、確かに外国人が学ぶべきところを持っている。

        しかし欧米人とは大きな差があり、中国人の民族精神とも相容れないため、中国のお手本にはならない。以下に日本人の問題点を挙げてみる。

        (1)プライドが高く、根性論が好きな民族:日本の女子サッカー代表は東日本大震災の後、悲痛な気持ちを力に変え、 2011年のワールドカップで優勝した。スポーツは本来、健康を目的とした楽しいものだが、日本人は根性論を持ち出す。 米国でかつて私が習った日本語教師は「倒れるまで勉強しなきゃ、日本語なんか習得できない!」というのが口癖だった。日本語はそこまで重要ではない。

        (2)感謝を知らない民族:近代以降、中国からたくさんの富を奪った日本から、中国は第二次第戦の賠償金を受け取らなかった。 漢字は中国人が生み出したものなのに、中国に感謝していない。逆に敵意をむき出しで、中国5000年の歴史の中で最も破壊力の大きな民族だ。

        (3)大きな視野に欠ける民族:政治でも科学技術でも文化でも、日本人は大きな視野に欠ける。これまでに日本人が世界に影響するような言語学理論を打ち出したことはない。

        (4)抑圧され、悲観的で大きな危機感を抱えた民族:日本の映画や文学は「抑圧」の言葉がぴったりで、中国や米国のような大国のポジティブな文化にはそぐわない。

        (5)創造力、想像力に欠けた民族:人類の「百大発明」に、日本人によるものはない。一方で中国人は羅針盤と紙を作り出した。日本人は計算することが苦手だ。

        (6)“海賊文化”から発展した民族:日本は島国で資源に乏しい。そのため“海賊文化”が育ち、他人のものを奪う習性がある。一方で警戒心が強く、他人に奪われることは恐れる。 海賊だからクジラもイルカも獲る。また、真珠湾攻撃のような奇襲も得意だ。

        http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/374729/

        続きを見る